たのしか♪たいそう★ムービー

たのしか♪オソトたいそう

「今」からはじめられる簡単体操。

ご利用方法

ご覧になりたいタイトルのこの動画をみるボタンをクリックすると動画再生ページが表示されます。
※動画はすべてYouTube(ユーチューブ)を利用しています。全画面表示の方法など、詳しい使い方などはYouTubeのサイトをご確認ください。

ご注意

ご利用の際は参加方法を必ずお読みください。ご利用いただいた時点で同意いただけたものとさせていただきます。
当コンテンツをご利用いただくにはAdobe社が無料で提供しているFlash Playerの最新版が必要となります。

オソト03 かいだんチェック。

たのしか♪オソト体操へようこそ!今回は、階段ののぼりかたチェックです。正しい姿勢でのぼることを身につけましょう。

下野 大

糖尿専門医ドクター下野の「大体そう(だいたいそう)」

階段のぼり、これは運動としては結構強い運動となります。第1話でメッツのお話しをしましたが、階段を上がるのは8メッツの運動強度です(エクササイズガイド2006より)。近い階まではエスカレーターを使わずに階段を使ったり、エレベーターを途中で降りて階段を使ったりすると、消費エネルギーを増やすことができますよ。
ただし、ここで注意点があります。階段のぼりはウォーキングと比べて強い運動となりますので、息切れや胸の痛みなどを感じたら決して無理をしないでください。また、階段はのぼりよりもくだるときに膝関節への負担がかかります。膝の痛みがある方は、くだりはエスカレーターを使う、横向きに降りる、ゆっくり降りるなどの工夫をしてみてください。
もちろん、階段をのぼるときも「正しい姿勢」を意識しましょう。

下野 大(しもの だい)

医療法人 二田哲博クリニック[姪浜] 院長
糖尿病専門医

日本体育協会公認スポーツドクター/日本医師会認定健康スポーツ医

たのしか♪オソトたいそう 動画一覧

ご覧になりたいタイトル名をクリックすると表示されます

カラダみがきプロジェクトウェブサイトの利用者は、本サービスを利用するにあたり、本サービスが糖尿病治療、または健康増進のための食事や運動その他に関連するサービスである性質上、利用者の病態、体質、特性などにより病状の悪化やケガなどの危険性がある。そのため、本サービスを利用するにあたり、事前に専門医、かかりつけ医などに相談の上利用することを推奨する。